にんにんの徒然日記

普段着インタープリター    自然のエンターテイナー   〜人とひと、自然をつなげる〜  

香りがつなぐ人の暮らし 生きもの暮らし

雨の中でも、

みかんの花の香りを満喫! 

 

みかんの花からエッセンシャルオイルを抽出。

静岡県由比のみかん畑

f:id:ninnin007:20170513205221j:image

水蒸気蒸留法

f:id:ninnin007:20170513204857j:image

同じみかんでも、花、実、枝で香りが違うからおもしろい!

花          ネロリ           肌に潤いを

葉          プチグレン   鎮静、安眠

実          ダイダイ       保湿

f:id:ninnin007:20170513204651j:image

花の根元にある実がこんな大きくなるからすごい!

f:id:ninnin007:20170513204656j:image

日本産精油は、森林管理、町おこしにもつながっていく!

 

f:id:ninnin007:20170513205349j:image

後半は、お茶の淹れ方講座!
初めて、お茶を芸術と感じた瞬間でした^ ^普段、あくせく働き、お茶をゆっくり飲む事がなかったのでハッとさせられました。

氷⁉︎を使って、低温でゆっくり淹れることで、茶の味がまったくかわるから不思議^ ^香りも違います!

60度以上 苦味 渋み
60度以下 甘み うまみ が抽出!

お茶の木は、谷あいの、霧深い所が適している。日が少ない事で、光合成が少ないほうが、うまみがとじこめられていく。静岡由比、宇治、天竜川、八女、、、。

日本茶の地位が一番低いのは日本、それを変えたい!という思いに刺激されました。

 

f:id:ninnin007:20170513215630j:image
みかん農家と消費者を近くし、いい関係、いいみかんを作ろうとしている生産者の声に感激!しかも身近な方の話だったため、すごく刺激されました。
スーパーでも気づくと、傷のない外見のいい、みかんを求めている。中身は変わらない。傷をなくす為の過程(農薬)など、気にしてませんでした。
農薬は、誰の為、何の為?と考えさせられました。農家、JA、利権、農薬…。

日本で農薬が主流になってしまう理由が垣間見えました。

自分達消費者は何をどこまで求めていくのか?

 #Biotope Guild  香りがつなぐ人の暮らし  生きもの暮らし
#静岡県由比

 

観察した植物         みかん、橙、

雨で観察できなかった虫たち

ハナムグリコガネムシ)、みつばち、ハナグモ

次回は、花と昆虫の関係を見るのが楽しみ!

 

f:id:ninnin007:20170513214157j:imagef:id:ninnin007:20170513214205j:image

初夏のみちくさ散歩 〜7つの谷を越え、歴史、ロマンが薫る!〜

この崖(東京板橋)が、大昔に海の波で削られたのを想像すると、ロマンチックでしょ!

と、みちくさ部長の軽快なトークで想像力がかきたてられ、おもしろくなり、みちくさの世界へ引き込まれていく!

 

初夏のみちくさ散歩 に5月7日参加してきました。Biotope Guild主催

 

 五感を使って、自然だけでなく、赤塚の歴史、地形を体全体楽しめた1日でした。 ブラ◯モリより、面白い! 

 

板橋、赤塚城趾は、武蔵野台地の北限にあり、縄文時代は、海が周りに広がり(東京湾)、削られてできた天然の要害、河岸段丘が広がる。近年は荒川に削られてきた。7つの谷を越え!、地形の面白さを体験。こんなおもしろいさが東京にあるとは!写真を撮りそこねた(^^; f:id:ninnin007:20170509004928j:image

 

河岸段丘の崖下には、適度な湿り気と日陰により、この条件を好む二輪草(板橋の花)、ヤマブキソウ、ムカゴイラクサが群生していました。残念ながら、花の見ごろは終わっていました。。

f:id:ninnin007:20170509004704j:image

 

通常この地域にはない、ミヤマガマズミが、花を咲かせていました。この地形の北斜面があればこそです。もう少し北にしか自生していないそうです。

地形と自然の関係性がおもしろくなっていく^ ^

f:id:ninnin007:20170509004904j:image

赤津城趾から、荒川、大宮台地の方が見渡せる。戦国時代、敵が攻めてきた時、すぐにわかる要所です。河岸段丘が天然の要害となっているのがすぐわかります。

 

f:id:ninnin007:20170508001345j:plain

ギンラン
木と菌根菌と共にいきる。そこから栄養をピンハネ!種も菌につく。

 

f:id:ninnin007:20170508000111p:plain

「環境はグラデーション!!」

水の流れに沿いコケが生え(北側 直射日光がダメ)、その周りにしぶきから、地衣類(黄色)が繁茂する。緑と黄色の見事なグラデーションになってました。

 

f:id:ninnin007:20170508000156j:plain
台地の上は、茶色の関東ローム層が広がる。畑に適し、ミネラルがあり、水はけがいい。日本の土壌は、酸性で、海外の野菜(アルカリ性)のため、中性にするため、土壌改良のため、石灰を取り入れているそうです。宮沢賢治がかなり貢献しているようです。

赤塚城趾に至る、板橋区の住宅街の一角には、オーストラリア原産の木々が植えられ、店先にも熱帯特有の木があり、温暖化を感じさせられました。

 

自然だけでなく、歴史、地形を絡めると、地域も理解でき、深く楽しめた1日でした。自分もこんなプログラムをやってみたいと妄想しちゃってます^ ^

 

f:id:ninnin007:20170509002416j:imagef:id:ninnin007:20170508000201j:plain

f:id:ninnin007:20170508001839j:plainf:id:ninnin007:20170508001846j:plain

#Biotope Guild   みちくさ散歩にて

#東京都板橋区赤塚

観察した植物

ギンラン、キンラン、ヒラドツツジ、ミズキ、アカメガシワ、ミヤマガマズミ、カツラ、オッタチカタバミ、柊金目生(板橋の伝統的垣根?)、コバノタツナミソウ、白山吹、ヒメウツギカントウタンポポ、西洋タンポポ、雑種のタンポポシロバナタンポポ、ヤマブキ、箱根空木、ニシキギナガミヒナゲシヒメヒオウギ、モミ、ムクノキ、ケヤキオヤブジラミ、イモカタバミエゴノキ、カナメモチ、イヌシデ、むかごイラクサ、クサキ、ヤマモミジ、シロダモ、シラカシ、ゆりの木、衝羽根空木、丁子草(川の氾濫必要)、トキワツユクサハナミズキ、ヒメフウロ、タチスボスミレ

てんとう虫君、ツバメに乗ってどこに行くの? トウダイグサを食べるモスラ出現⁉︎

えび、2匹とったー!

と川から元気な子供の声が聞こえてくる^ ^

 

自分の2-30年前を思い出す。

今日は久しぶりに野川公園を時間を忘れて堪能。熱中すると時間はあっという間。

身近な公園にこんな動植物がいたのかとびっくり!

f:id:ninnin007:20170505003410j:imagef:id:ninnin007:20170505003633j:imageてんとう虫君、うす紫のツバメ(芹葉飛燕草)に乗ってどこに行くの?翼を持ってるのに、そんな遠くを何故目指すの?焦らないで、まだ蛹だよ(^^;

 

f:id:ninnin007:20170505003437j:imageモスラ君、有毒なトウダイグサ(燈台草)をそんなに食べたらお腹を壊しちゃうよ!

 

武蔵野黄萱

f:id:ninnin007:20170505012026j:image金瘡小草f:id:ninnin007:20170505004641j:image踊子草f:id:ninnin007:20170505004717j:image花筏f:id:ninnin007:20170505013208j:image二人静f:id:ninnin007:20170505003602j:image蛍葛f:id:ninnin007:20170505011526j:image山吹草f:id:ninnin007:20170505011624j:image武蔵鐙f:id:ninnin007:20170505011715j:image芹葉飛燕草f:id:ninnin007:20170505003854j:image

都立野川公園はなんと、40年前まで、国際基督教大のゴルフ場だったというから驚き!

国分寺崖線から発し、湧水のきれいな水が流れ、多くの動植物を育んでいる。今では、都民のかけがえのない、憩いの場。

 

ーーーーーーーーーーーー

32種類の動植物を楽しむ

てんとう虫、モスラ⁉︎(不明)

ムサシノキスゲトウダイグサホタルカズラ、ガマズミ、シラン、ロウバイ、カキドオシ、ヤブジラミ、セリバヒエンソウ、キュウリグサキランソウ、ミズキ、コゴメウツギ、ウグイスカグラ、イカダソウ、ジュウニヒトエホウチャクソウ、キンラン、サワフタギ、エビネウマノアシガタヤマブキソウ、ラショウモンカズラ、クリンソウ、クサノオウ、ゲンゲ、サクラソウ、ムサシアブミ、フタリシズカ、キュウリグサ

ブログを始めます。

 

今まで、ブログとは縁遠く、自分がブログを書き始めるとは、とても想像しておりませんでした。

 しかし、ある尊敬する方から刺激、アドバイスを受け、書き始めることにしました。

人生は何があるかわからないからおもしろい!

 その尊敬する方とは、数年前に偶然、セミナーの席が隣だったことから始まる。話し始めると、その方はかつて、自分と同じ業界で働いており、その会社には、自分も営業に行っていたという偶然。このシンクロニシティ(偶然の出会いが、意味ある出会いへ)が、新しい道への原動力となった。

 そのセミナーでは、他にも、素晴らしいシンクロニシティがありましたが、それは別の機会にお話しさせていただきます。

 

 このブログでは、自分の思いを発信していき、多くの方々と繋がっていきたいと思います。その中で、自分自身を整理し、いい習慣を増やして、楽しく過ごしていきます。

 

これから、よろしくお願いいたします。

 

追伸

プロフィールの下記写真は、

自分が愛してやまない、岐阜県下呂市(温泉で有名な)にある飛騨小坂の滝です。

2014年、御嶽山噴火の災害は記憶に新しいかと思います。飛騨小坂は、その麓にあり、5m以上の滝が、200以上もある素晴らしい地域です。

マイナスイオンが見れるからびっくり!!ラッキーにも虹が見れました(^ ^)

https://www.osaka-taki.com                    からたに滝 

f:id:ninnin007:20170311114632j:plain